スマートウォッチとは

スマートウォッチとは

 スマートウォッチとは、身体につけて持ち運ぶ、ウェアラブル端末と呼ばれる腕時計型端末のことです。

 時計としてはもちろん、スマホと連携すれば、アプリの通知やメッセージ・電話の応対が可能です。

 また、活動量計として使えるのも魅力。歩数・距離・消費カロリーの運動データに加えて、心拍数や血圧、睡眠時間など健康管理に便利な情報を計測できるモデルも発売されています。日々の運動量や生活スタイルを見直すのに便利なガジェットです。

チェックポイント

スマホ連携

 スマートウォッチを使用するためにはスマホとの連携が必須です。したがって、スマホの種類によって連携ができなかったり、一部機能が使えなかったりする場合もあります。

 現在スマホに搭載されているOSには、大きく分けてiOSとAndroidの2種類がある。iOSはアップルのiPhoneに搭載されており、Apple Watchと連携させたときに最大の機能を発揮できるのが特徴です。一方、AndroidはiPhone以外のスマホに広く採用されているOSですが、Apple Watchとは連携できなくなっています。

通知

 メールやLINEなどの着信を知らせてくれる機能です。

 着信通知から、スマホを出さなくてもスマートウォッチで会話できるものもあります。

搭載センサー

心拍計

 心拍拍数を計測します。睡眠中も含めて、丸一日記録できるものもあります。

GPS

 屋外でのハイキングやジョギングなど位置情報を計測します。スマホのGPSと連動して計測するものは、GPSが搭載されていないので注意が必要です。

その他

 血圧計、コンパス、気圧計、高度計など様々なセンサーが搭載されています。

 スマートウォッチで何を計測・記録するかによってよく考える必要があります。

防水・防塵

 ほぼ全てのスマートウォッチに防水・防塵機能が標準装備されています。

 スマートウォッチは、IP○○という形式で防水・防塵性能を表示しており、IPの後に続く1文字目が防塵性能、2文字目が防水性能になります。

 この防水性能は誤って水につけてしまった時に耐えられる程度を指しており、水中での活動時に装着することは想定されていません。 水泳などする場合には、防水ではなくより強い耐水性能が必要になります。

搭載OS

Watch OS

 Watch OSは、Appleが提供するApple Watchに搭載されるOSです。

 Watch OSは対応アプリの種類が豊富で、スマホ感覚でスケジュール管理や作業効率化、電子決済など多彩なアプリがある。また、ディズニーとコラボした文字盤など、おしゃれで機能的なデザインの文字盤が利用できます。

 さらに、Macの解除やiPhoneで写真を撮る時などのシャッターとしても活用でき、音声アシスタントのSiriや非接触ICを使ったApple Payも利用可能です。

Wear OS by Google

 Wear OS by Googleは、Googleが提供するスマートウォッチ用のOSです。

 スマホ用OSのAndroidと高い親和性を持っている。連携したスマホからの通知機能に加えて、Gメールなどoogle関連の便利なサービスが利用できます。

 スマホの種類に限らず、グーグルのサービスを日常的に使用している方におすすめです。

Tizen Based Wearable OS

 Tizen Based Wearable OSは、サムスンが開発するOSで主に自社製のスマートウォッチに採用するOSです。

 Galaxyスマホ以外では一部機能の制限はあるものの、「TIZEN STORE」を通じてさまざまな専用アプリで機能を追加できるのですが、質や数が少なく有料アプリが多かったりと、微妙なレベルとなっています。

独自OS

 現在スマートウォッチ市場でメーカーが最も採用されているのが「独自OS」です。

 アプリケーションのインストールはできない分、電池の持ちは非常によく、中には一ヶ月以上の待ち受け時間を確保しているスマートウォッチもあります。

電子決済

 スマホでできる様々な電子決済をスマホを出さなくても、スマートウォッチだけで可能になります。

使用用途

 ビジネス時に使うのか、スポーツ時に使うのかによってデザインや色が決まってきます。もちろん、両方可能な視点での選択も考えられます。

その他

価格

 数千円から数万円まで、様々な価格の製品があります。ある程度予算を決めてから探した方が良いかもしれません。

バッテリー性能

 毎日充電が必要なものから、数週間バッテリーが持つものまであります。

 特に睡眠時まで計測するのであれば、毎日充電は面倒になりそうです。

Follow me!