2019年7月11日 トレード結果

NYダウは、76ドルあげて高値更新して終わっていた。こちらは、その影響で高く始まるかと思っていたが、前日終値付近で寄り付いた。その後、10時過ぎから上げ始め、後場に入ってからも、21600円台を維持しながら、110円高で引けた。ただ、円高方向へ進み、107円台に入ったと思ったら、反転して円安方向へ戻した。あいかわらず方向感のない動きで、NYの動きに釣られている。本日も朝から出かけたので、売買は休止とした。ノーポジションなので気楽である。

2019年7月10日 トレード結果

NYダウは、 22ドルの続落で終わっていた。こちらは、ほぼ前日終値付近で寄付き、そのままもみ合いとなり、31円マイナスで引けた。方向感のない一日であり、材料不足のようである。円安の動きも109円手前で反転し、円高方向へ逆戻りである。明日もNYの動きに釣られそうである。本日より週末まで、朝から出かけるので場が見れないため、売買は休止とする。ただし、空き時間に大きく動いておれば、エントリーするかも。

2019年7月9日 トレード結果

NYダウは、115ドルの下落で終わっていたが、こちらは前日の大幅下落からかギャップアップで始まった。寄付き後、100円程度上げたが10時以降下落に転じて、始値まで戻した。後場は、一段下げから始まり、もみ合い後、30円高となった。弱含みの展開は変わらず、明日も継続しそうである。持越しは、久しぶりにすべて決済でき、ノーポジションで終えれた。

2019年7月8日 トレード結果

NYダウは、43ドルの下落で終わっていた。こちらもギャップダウンで始まり、寄付き後からもジリジリ下げ続け、212円の大幅下落となった。ようやくマイナス方向への動きとなり、明日からも弱含みの展開となりそうである。含み損が拡大している売玉はマイナス決済し、別銘柄を売玉とし、買玉はそのままとした。

2019年7月5日 トレード結果

NY市場は、独立記念日で休場であったため、前日終値付近で寄付いた。前場は、もみ合いとなったが、後場に入ると少しプラス方向に動き 43円の続伸で引けた。底堅い動きで、今週は終えたが、来週からはマイナス方向への圧力が強まりそうである。持越しの売玉は上げ続けており、やむ終えずそのままとし、下げた銘柄を買玉として持越しに追加した。